読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

避暑のすすめ

日本では、明治時代に外国人の商人・宣教師・教師が外国人避暑地を日本国内に造ったのが始まりで、東アジアの熱帯・亜熱帯地域からも日本の外国人避暑地に訪れる者が見られた。これらの避暑地は、1~2ヶ月の長期滞在型の別荘地であることが多い。
後に日本人の富裕層にも広がり、現在[いつ?]では一般的に見られるようになっている。一般化してからは、別荘を所有することなく、短期の宿泊で避暑を行う者も増え、ホテル・旅館・コテージなどの宿泊施設がそれらの避暑客に対応している。特に夏季に酷暑が長期間となることが多い太平洋ベルト地帯の大都市住民の需要が大きく、主だった商業的避暑地は三大都市圏の近辺に多い。中央高地の山梨県・長野県・岐阜県に著名な避暑地が見られる。

全国の平均気温を調べてみると、暑い地域と涼しい地域では7〜8度程度差がある。

今年は特に例年に比べて猛暑のようなので、1ヶ月ぐらい避暑地に避難した方が効率的ではなかろうか。
熱中症のリスクや冷房使用による電力消費量の増大という観点からも是非オススメしたい。