読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行列に並ぶコスト

久しぶりにスポーツ観戦をする機会があったが、競技場に着くまでのいくつかのシーンで行列ができていた。

•最寄り駅からのバス
多分、100人以上並んでいた。

•近隣のコンビニ
店の中で列が折り返しており、20組ぐらい並んでいた。

バスは無料ではあるものの明らかに1台の収容人数を超えており、何往復かする
時間を待たなければならない。
歩いても15分ぐらいなので明らかにそちらの方が速い。
コンビニも10分ぐらいは待たなければならないと思う。近隣の個人商店では飲み物とつまみを全く並ばずに買うことが出来た。

スポーツ観戦のようなシチュエーションはある種特殊だとしても、普段街中でも行列を見かける事がしばしばある。

•ラーメン屋
•銀行ATM(給料日後)
•開店前のデパート

など。

行列に並ぶ事に対するコストの考え方は人それぞれだと思う。並ぶのは苦にならず、時間にも余裕がある人は行列に並ぶ事のコストは低いだろう。
逆に並ぶのが嫌で、時間の余裕もない人の行列に並ぶコストは高い。
スマートフォン等の普及で並んでいる間暇はしないという意見もあろうが、それでも気温が高かったり低かったりしても我慢しなくてはいけなかったりトイレに行けなかったりするという制限された環境である事は間違いない。