読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腑に落ちた体験

ゴルフのアプローチが上手くいかず、何度か試行錯誤を繰り返した。

  • ウェッジのリーディングエッジが地面に刺さる感触がある
→フェースを開いて刺さるのを防止

  • フェースを開いてそのまま打つと、右方向に飛んでしまう
→スタンスをオープンにしてフェースの方向をまっすぐに合わせる

  • シャンク気味に右に飛んでしまうケースがある
→ネックに当たらないよう軌道をアウトサイドイン気味にして、ヒールからトゥに抜けるように当てる

そうすると、結構上手くロブショット気味の短いアプローチが打てるようになってきた。
後に調べて見ると、色々な方法があるが
自分の試してみた打ち方も有効な方法として採用しているプロもいることがわかった。

多くの物事において、理論を学ぶ事と実践する事はそれぞれ重要だと思うが、
片方だけではなかなか上手くいかないと
感じる。
今回の例で言えば、実践の中で体得した
技術の裏付けを本やWEBサイト等で取り、そのメカニズムを学ぶことが出来た。